妊娠中期を過ぎた頃から便秘気味になり、検診の際に先生に相談しマグミットを処方して貰いました。少量の水ではなくコップ1杯分の水で飲んだ方が効果があると言われ、なるべく多めの水で飲んだところ翌朝にはすっきりと出すことが出来ました。薬が効き過ぎる場合は1回2錠のところ1錠に減らしたり、1日の服用回数を減らしたりして自分で調節して下さいとのことでしたが、私は調節はせずに通常通り1回2錠を食後に飲むようにしていました。便秘は出産前まで続き、検診の度に何度かマグミットを処方して貰っていました。出産の際には便通が無いとお産の妨げになるとのことで、その際にも飲んだ記憶があります。

あまり薬に頼りすぎてしまうと、薬を飲んでも効果が表れなくなってしまうと思い、日頃から意識的に水分補給をしたり、食事は野菜を多めに取り入れたりと心がけたりしていました。特に食事の際には、お茶などの水分を多めに飲むようにしていました。どうしても、便秘気味になってしまう場合のみ病院から処方された薬を飲むようにし、薬に頼らず自然な便通がくるように意識していました。

乳酸菌革命